原创翻译:龙腾网 http://www.366wap.com 翻译:玉子家 转载请注明出处

国が世界で初めて月の「裏側」に探査機を着陸できた理由

中国达成世界首次月球背面探测器着陆的理由



中国の月探査機「嫦娥4号」(じょうが)が今年、世界で初めて、月の裏側への着陸に成功した。宇宙科学分野の最先端にいるアメリカやロシアも成し遂げられなかった快挙だ。月の裏側への着陸はどうして難しいのだろう? 裏側に着陸する目的や意味は?

中国的月球探测器“嫦娥4号”,今年成功达成世界上首次在月球背面着陆。这是连在宇宙科技领域处于领先地位的美国和俄罗斯都没能达成的壮举。在月球背面着陆为什么这么难呢?在背面着陆的目的和意义又是什么呢?





月の裏側は、電波望遠鏡による宇宙観測の好適地でもある。地球には厚い大気の層があり、星や銀河などからの光や電波を届きにくくしている。一方、大気のない月は宇宙観測に有利だが、月の表側は地球で人間が出している電波や、地球のオーロラから出る電波の影響を受けることがある。月の裏側はこれらの影響がないので、電波による宇宙観測には理想的な環境とみられているのだ。

月球的背面是架设电波望远镜观测宇宙的绝佳位置。由于地球上有很厚的大气层,星球或者银河的光和电波很难传过来。而另一边,在没有大气层的月球上宇宙观测虽说是有利的,但月球表面会受到地球上人类活动或者极光产生的电波影响,然而在月球背面就不会受这些影响,所以这里被认为是用电波来进行的宇宙观测的理想环境。


こうしたことから、月の裏側に着陸して科学的な観測をすることには大きな意味がある。

这样一来,在月球背面着陆进行科学性观测就变得有巨大意义了。


中国だけでなく、アメリカ、ロシア、インド、日本などが、将来、月に基地をつくることを考えている。月にはハイテク製品に欠かせないレアアースや、将来の核融合発電に必要なヘリウム3もあると考えられ、その資源に興味を示している国もある。

不止是中国,美国、俄罗斯、德国、日本等,都有考虑将来在月球上建立基地。普遍认为月球上不仅有制造高科技产品不可或缺的稀土,也有将来核聚变发电所需要的氦3,有些国家对这些资源表示抱有兴趣。


「嫦娥4号」は、積んでいった「玉兎2号」(ぎょくと)という探査車とともに、月の裏側で調査を行っている。これまで知られていなかった月の裏側の様子が伝えられてくるのを楽しみにしていよう。

嫦娥四号将与其装载的名叫玉兔二号的探测车一同进行月球背面的调查。一起期待她们能为我们揭开迄今为止还无人知晓的月球背面的神秘面纱吧。